理想の式を挙げるために!式場選びでチェックしたいポイント3つ

立地選びには気遣いを!

愛し合う2人にとって結婚式は正に人生の晴れ舞台!2人の理想の式について夢はどんどん膨らみますね。でも、ちょっと待って!結婚式ともなると参加する人数が多ければ多いほど、確認しなくてはならないことも増えるんです!せっかくの結婚式、招待客の皆様から心から祝福してもらえるよう、まず最初に確認して欲しいのが招待客が参加しやすい立地。両家の距離の中間点やどちらかの最寄にするのであれば遠方から招待する親族や友人の交通費、宿泊費はどうフォローするのか。お祝い事なので多少の出費は皆さん笑顔で対応してくれますが、その点についてきちんと感謝の気持ちを示すことは、後々のお付き合いに響いて来ます。一例ですが、ご祝儀を頂き交通費を負担してもらう場合には、宿泊ホテルはこちらで割引の効くところ手配する、などの配慮が出来るといいですね。

重視するのはチャペル?披露宴会場?

最近は神式や教会での挙式の他に人前式、カジュアルなパーティー形式など、挙式の方法も様々。でもやはり多いのがチャペルでの挙式後、披露宴会場にて改めて新郎新婦のお披露目をするという形式ですね。その場合重視するのが、チャペルの雰囲気か披露宴会場のそれなのか。なかなか両方がベストというところを見つけるのは難しいかもしれません。サンクチュアルな教会、寛ぎのホスピタリティ溢れる披露宴会場、それぞれ素敵な所が見つかった場合、どちらを優先的に会場を選ぶのか、予め決めておくのも良いかもしれません。場合によっては挙式は独立系のチャペルで、披露宴は比較的近くにあるホテルで、というように会場を別にするケースもあります。

避けては通れない予算の問題・・

せっかく理想通りの素敵な会場と出会えたのにあっさりと予算オーバー。そんな時のチェックポイント。まずシーズン別の挙式費用を確認してみましょう。ほとんどの式場ではトップシーズンの春秋とあまり人気のないオフシーズンでは挙式費用にかなりの差を設けています。会場によって仏滅、大安など日取りにより価格差があるところも。そして次に費用が嵩むのが衣装代。お色直しをヘアメイクと小物だけのアレンジに変えてみる、着物は前撮りしたものを映像としてスクリーンに映す演出に切り替えてみるなどの工夫で、だいぶ会場に回せる予算を捻出できます。またテーブル装飾や室内の飾りつけをハンドメイドのもので対応してみるのも、楽しくてかつ費用の節約になります。せっかく雑誌やホームページで魅力的な会場に出会えたら、費用的に難しいと思ってもまずは実際に会場に足を運び、色々と相談をしてみましょう。

三ノ宮や神戸など、神戸の結婚式場は駅から近い場所にあることが多いので、とても交通の利便性が良く行きやすくなっています。